ONSAが運営する楽譜出版事業「Golden Hearts Publications」のストアです。海外の自費出版作品を中心に吹奏楽やアンサンブルの楽譜を取り扱っています。

吹奏楽 楽譜 | アンサンブル楽譜 | ソロ/ソロピアノ楽譜  | ブラスバンド楽譜  | その他の編成の楽譜
作曲家別で探す:A,B,C,D / E,F,G,H / I,J,K,L / M,N,O,P / Q,R,S,T / U,V,W,X,Y,Z
演奏時間で探す | オリジナル/アレンジ別で探す  | 出版社別で探す

【吹奏楽 楽譜】
永遠の輝き 
作曲:アーロン・ペリン

販売価格 22,000円(内税)
型番 IGAP-02
 
フルスコアのみ
フルスコア+パート譜セット
形態

※こちらの商品は輸入商品です。為替レートにより販売価格が予告なく変更される場合がございます。納期はおおそよでご決済後またはご入金確認後10営業日となりますが、輸送状況等により遅れが生じる場合がございます。ご了承下さい。


※決済完了後またはご入金確認後すぐに出版社に発注いたします。そのため原則として決済および入金後のキャンセルは受け付けておりません。ご了承下さい。



■原題または洋題:A Glimpse of The Eternal


■作曲者:アーロン・ペリン(Aaron Perrine)


■演奏時間:約3分30秒


■出版社:Longitude 91 Publications (自費出版)


■参考音源:Soundcloud



■楽曲について:


出版社グレード:Advanced


アイオワ大学シンフォニー・バンド(University of Iowa Symphony Band)委嘱作品


2016年10月13日、アイオワ大学シンフォニー・バンドによって初演

2017年のCBDNAカンファレンスにおいてカンザス大学ウィンド・アンサンブルによって演奏


「永遠の輝き」は、リチャード・マーク・ハイデル博士(Dr. Richard Mark Heidel)とアイオワ大学シンフォニー・バンド(University of Iowa Symphony Band)よって、音楽学校の新しい建物「Voxman Music Building」のオープンを記念して委嘱されました。


コンサートのテーマは「coming home」ということでした。


私はそのアイディアを何らかの形で作品に取り入れたいと思っていました。


私はアイオワ生まれの詩人テッド・コーザー(Ted Kooser)(2005年のピューリッツァー賞を受賞した2004年〜2006年のアメリカの桂冠詩人)にインスピレーションを得ることに決めました。


私は長い間、コーザーの詩のファンでした。 私は彼ほど中西部の美しさと本質を捉えている詩人はいないと感じています。


音楽は同じタイトルを共有する詩とは直接関係しませんが、私は抽象的なつながりが存在することを望んでいました。


さらに、タイトルは、この特定のコンサートに関連しています。それは、多くの人にとって、新しいVoxman Music Buildingへの最初の訪問であることです。アイオワ大学音楽学校の長年の拠点となるすばらしい建築物です。


(アーロン・ペリン)


■編成:


Flute 1-2

Flute 3/Piccolo

Oboe 1-2

Bassoon 1-2

Clarinet 1-3

Bass Clarinet 1-2

Alto Saxophone 1-2

Tenor Saxophone

Baritone Saxophone

Trumpet 1-3

Horn in F 1-4

Trombone 1-3

Euphonium 1-2

Tuba 1-2

Double Bass

Harp (optional)

Piano

Percussion 1 (Timpani)

Percussion 2 (Bass Drum)

Percussion 3 (Glockenspiel, Medium Tam-tam)

Percussion 4 (Crotales, Suspended Cymbal)

Percussion 5 (Vibraphone, Large Crash Cymbal, China Cymbal, Large Tam-tam)

Percussion 6 (Tubular Bells, Marimba)


形態
 
フルスコアのみ
フルスコア+パート譜セット