吹奏楽 楽譜 | アンサンブル楽譜 | ソロ/ソロピアノ楽譜  | ブラスバンド楽譜  | その他の編成の楽譜
作曲家別で探す:A,B,C,D / E,F,G,H / I,J,K,L / M,N,O,P / Q,R,S,T / U,V,W,X,Y,Z
演奏時間で探す | オリジナル/アレンジ別で探す  | 出版社別で探す
あなたが欲しかった楽譜。それはこんな楽譜ではありませんでしたか?
Golden Hearts Publicationsのこだわりをご紹介します。



ご覧いただき誠にありがとうございます。

Golden Hearts Publicationsの梅本です。


これまであなたは多くのフルスコアをご覧になってきたことでしょう。

そのスコアを使いながら、どう思われましたか?


Golden Hearts Publicationsは特にフルスコアにこだわりました。

指揮者または指導者として指揮台に立つあなたの気持ちになって考えました。

あなたが欲しかった楽譜。

それはこんな楽譜ではありませんでしたか?


■フルスコアへのこだわり。これは、あなたが欲しかった楽譜。



Golden Hearts Publicationsでは、吹奏楽のフルスコアに以下のようなこだわりを持って製作をしています。

【1】照明の反射を低減し、読みやすい楽譜にすること

【2】楽譜のサイズを大きくし、読みやすい楽譜にすること

【3】リング製本であること

【4】オンデマンド注文に対応していること


まず【1】についてですが、蛍光灯にしても舞台照明にしても、
紙に光が反射することで指揮者の集中を妨げるような楽譜にはしたくないと考えました。

その結果行き着いたのが、「ビオトープ」と呼ばれる紙です。

この紙を常備している印刷会社はほとんどないようです。

あまり楽譜では使用されることのない紙ですが、
クラフト紙のしっかりとした感触と強度を持っています。

紙の色も、目に優しいナチュラルホワイトを選んでいます。


実際の写真はこちら。背景の白い紙は普通紙です。




この用紙を使うことにより、従来の楽譜にはなかった
照り返しの低減、目への優しさを実感していただけるかと思います。

よりスコアに集中出来る用紙であると考えています。


ちなみに表紙にはマットポストを使用しています。(背景の白い紙は普通紙です。)





次に【2】楽譜のサイズについてですが、
国内の吹奏楽出版社の出版譜(販売譜)の場合、
フルスコアはA4であることが多かったかと思います。

(海外の出版譜のスコアで大判スコアというものはたまに見かけます。)


実際にA4サイズ仕上がりの冊子というのは、
ほとんどの印刷会社が対応していますし複合機を使って社内でも簡単に作れます。

しかしながら、見づらい。

特に吹奏楽指導の場合、編成が特に小さく段数が少なくない限りは、
A4でフルスコアを読むのはなかなか苦しいのではないでしょうか。


知人の指揮者にも意見を求めたところ、
A4サイズのフルスコアを団にB4やA3に拡大コピーしてもらって使用しているというお話をお伺いしました。

それが私的な複製であれば問題ないかもしれませんが、
楽団として使用する場合、例えばJASRAC管理楽曲であれば
JASRACに複製手続きが必要です。(お金も必要です)

海外の場合でJASRACと提携していない場合はやはり個別に許諾が必要です。

勝手に拡大コピーして良いものではありません。


そこでGolden Hearts Publicationsでは、フルスコアはA3かB4を選択できるようにしました。

これであれば初めから必要なサイズを選ぶことが出来、わざわざ拡大コピーする必要はないわけですね。

(一部作曲者の希望によりA4サイズのものもあります)


その代わり、上記フルスコアはその分の価格価値があり、
手軽に購入するには少々敷居が高いと感じられるかもしれません。

そこで、勉強用や選曲用にスコアを購入したい方に向けて、
B5判(A4より小さくA5より大きい)のお安いポケットスコアをご用意しました。

A4サイズだとカバンに入らないこともありますが、B5であれば持ち運びも容易ではないかと思います。

こちらは指導用、指揮用としては実用的ではないサイズですし、
それらとしての使用を想定していませんので、色上質紙を使用します。


次に【3】リング製本についてですが、製本には様々な方法があります。

その中でもリング製本は180度開けるため、指揮者台に楽譜を置いて使うには最適な製本方法です。

ただし、A3長辺のリング製本が出来る会社はほとんどありません。

またリング製本についてあまり詳しくない(けど対応はしている)会社ですと、
ページをめくったとき紙が重なってしまうなど、仕上がりに問題が生じます。

ですので、これも会社を吟味しました。


最後に【4】オンデマンド注文に対応していることです。

これは経費の問題もさることながら、楽譜の状態を一番良い状態で出荷することを目的としています。

確かに大量ロットで製作をすれば、少しは単価が抑えられます。

しかし上記の仕様の場合、そのロットはだいたい100冊くらいです。

毎月100冊売れる楽譜であればまだ良いのですが、なかなかそのような楽譜はありません。

となると、相当保存状態に気を付けないと、どうしても商品はダメージを受け、
劣化していく可能性も考えられます。

そこで、1冊から制作を請け負っていただける会社を探す必要がありました。




まず上記【1】〜【4】の仕様や条件を実現するために、
私は日本全国100社以上の印刷会社や製本会社をあたり、交渉をし、試作も重ねました。

その中で最も安く、最も高品質で楽譜を作成していただける会社と提携し、印刷・製本を外注しています。


リング製本はA4サイズのリングを2つ使用しますが、穴の位置に十分な余裕があり、
ページをめくっても紙が重なりにくくなっています。

実際の写真はこちら。



※室内楽、ソロ譜などではビオトープは使用しません。色上質紙になります。

■フルスコアとパート譜のセットに含まれるパート譜の数とパート譜のバラ売りについて



「高い楽譜を買ったけれど、自分のバンドではパート譜が余ってしまう。その分安く買えればよいのに・・・」

「楽譜のセットを買ったけれど、パート譜が足りない。コピーすると違法と言われてしまうし・・・」

そんな困った状況になってしまったことはありませんか?

昨今では20人またはそれ以下のバンドが増えてきていると聞いています。

そのような状況で、30人、40人、50人といった編成を標準としてセットを作成する必要もありません。

人数の少ないバンドにとって、パート譜が多く価格が高いというのは無駄でしかありませんよね。

そのため、Golden Hearts Publicationsのセットでは、
原則として1つのパートスコアを1部(div.がある場合は2部)しか入れず、
少しでもセット価格が安く収まるように設定しています。

オプションパートはセットに含まれません。

ただし、人数が多く、追加でパート譜が必要なバンド向けに、パート譜のバラ売りをしています。

商品ページに、セットに含まれる部数を表記していますので、
それを見ながら、バンド側のご判断で、
不足のあるパートについては追加パート譜を同時にご購入いただけるようにしています。

ただし作曲家によっては例外があり、部数の指定がある場合があります。
(現時点ではクリスティアーン・ヤンセン氏の作品が該当します)


ちなみに、パート譜についても少しだけこだわっていて、
目に優しい色上質紙のアイボリー色を使用しています。
特厚口と呼ばれる暑さで、110Kgくらいの厚さです。

実際の写真はこちらです。







2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


営業時間は午前10時より午後5時です。
赤文字の日は休業日です。

状況により、お問い合わせの返信には1-2営業日かかる場合もございます。ご了承下さい。

(お問い合わせ内容に間違いがないように、なるべく電話を避け、メールかお問い合わせフォームを使ってお問い合わせ下さい。ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ